間違えた問題を効率的に復習できる機能で不安が減る

司法書士試験の復習する問題

司法書士試験では、問題を解いただけで一喜一憂しているだけでは実力はつきませんよね。

 

確実に理解しているかは、問題練習しているときに、どれだけ自分が理解しているかを、自分でチェックする必要があります。

 

特に、自分では不確かな知識や間違えた問題は、何度か繰り返すことで、理解できるようになります。

 

スタディングの講座にある「要復習」機能を使うと、外出先のちょっとした時間を使って、復習ができます。

 

さらに、理解を深めるだけでなく、時間の節約にもなるので、不安がものすごく減っていくのがわかりますよ。

STUDYing(旧通勤講座)司法書士講座の詳細

 

スタディングの問題練習では「要復習」機能が理解にはベスト

 

問題練習をしていて、

  • 「まぐれ当たりで正解した」
  • 「正解できたけど、 理解が不十分だった」

等の経験ってありますよね。

 

たとえ、そのときは正解できても、理解があいまいなままでは、次に同じ問題が出ても正解できるとは限りません。

 

あいまいな理解は、そのままにしておかないで、しっかり復習して、確実な知識に仕上げておきたいところですね。

 

そんなとき、便利なのがスタディングの問題集に搭載されている「要復習」機能です。

 

「要復習」機能は、問題を解いた時に、

 

「後で復習したい」

 

と思った問題にチェック入れておくと、後でチェックした問題だけを集中的に解くことができる機能です。

 

前回間違った問題も合わせて解くこともできるので、自分で理解度をチェックできるので、主体的に勉強することにつながるんですね。

 

この「要復習」機能を使うと、苦手な部分を集中的に対策することができるため、効率的に実力を向上させることができます。

 

スタディングの講座を受けなくても、登録すれば「要復習」機能がどんな風に使うことができるのか、体験することができます。

 

スマホやパソコンで使える機能なので、外出先のちょっとした時間でも復習ができるのは本当に便利です。

 

スマート問題集と過去問集の便利機能はとても使いやすく、気になったときにいつでも勉強できます。

 

まだ使っていない方は、ぜひ使ってみてください。

 

司法書士
司法書士試験受験生&講師 ←いろんな勉強方法があって参考になる