司法書士の合格率と基準点

2018年の司法書士試験の合格率と基準点

 

司法書士試験の合格基準点はここ数年、公表されています。

 

合格率も、公表されています。

 

2018年は基準点は212.5点、合格率は、3.5%でした。

 

過去の司法書士試験の基準点と合格率のデータ

年度 出願者数 合格者数 合格点
[筆記試験]
合格率
2000年 22715 605 2.7 %
2001年 23190 623 198 点 2.7 %
2002年 25416 701 206 点 2.8 %
2003年 28454 790 208.5 点 2.8 %
2004年 29958 865 197.0 点 2.9 %
2005年 31061 883 203.5 点 2.8 %
2006年 31,878
(26,278)
914 202.5 点 2.9 %
※ 3.5 %
2007年 32,469
(26,860)
919 211.5 点 2.8 %
※ 3.4 %
2008年 33,007
(27,102)
931 189.5 点 2.8 %
※ 3.4 %
2009年 32,558
(26,774)
921 221.0 点 2.8 %
※ 3.4 %
2010年 33,166
(26,958)
948 212.5 点 2.9 %
※ 3.5 %
2011年 31,228
(25,696)
879 207.5 点 2.8 %
※ 3.4 %
2012年 29,379
(24,048)
838 215.0 点 2.8 %
※ 3.4 %
2013年 27,400
(22,494)
796 221.5 点 2.9 %
※ 3.5 %
2014年 24,537
(20,130)
759 207.0 点 3.0 %
※ 3.7 %
2015年 21,754
(17,920)
707 218.0 点 3.2 %
※ 3.9 %
2016年 20,360
(16,725)
660 200.5 点 3.2 %
※ 3.9 %
2017年 18,831
(15,440)
629 207.0 点 3.3 %
※ 4.0 %
2018年 17,668
(14,387)
621 212.5 点 3.5 %
※ 4.3 %

( )内は受験者数 ※部分は実際の受験者数を基に算出した合格率

 

2018年で8年連続で減少となりました。
2010年(H22年度) 33,166人が出願者数のピークで、2018年(H30年度)が 17,668人。
年々出願者の減少幅が大きくなってますね。

 

ピーク時から出願者が46.7%減っています。

 

合格者も比例して、ピークから33.6%減っています。

 

司法書士試験2018年の試験問題の解説

 

2018年の司法書士試験が終わった後に、クレアールの講師が解説しています。

 

2018年司法書士試験午前の部(1時間5分くらい)↓↓

 

2018年司法書士試験午後の部(1時間くらい)↓↓

 

2018年司法書士試験本試験 記述式(22分くらい)↓↓

 

司法書士試験の解答や解説は、伊藤塾など大手予備校で講義があります。
LECの書籍(タイムセールの時もある)も、データが載っていて分析しやすいですね。

 

司法書士試験受験生&講師 ←いろんな勉強方法があって参考になる