TAC・Wセミナーの講座は特徴的な講師が多い

TAC早稲田セミナーの司法書士試験講座の評価

Wセミナーの司法書士試験の講座

校舎数(全国区)

首都圏を中心に主要都市に校舎があります。

IT度

WEBや音声ダウンロードができるコースがあります。

サポート

講義のサポートは、質問に対して返信するというオーソドックスなスタイルです。

講師の質

講師は、良くも悪しくも特徴的。自分にあう講師かを、できる限りさわりでも視聴した方がいいでしょう。

講座数

勉強初心者から上級者までの講座がバラエティがあります。

 

Wセミナーの司法書士講座の詳細はこちら

TAC・Wセミナーの特徴

 

現在のTAC・WASEDAセミナーは、早稲田セミナーをTACが買収したような形です。

 

もともとWセミナーは、早稲田経営学院が運営していましたが、旧司法試験がなくなるのとほぼ同じくして、資格部門がTACに移りました。

 

とはいっても、講師などは、当時は大半がそのまま残っていました。

 

早稲田セミナーという看板も残っています。

 

司法書士試験の講座は、TACではなく、Wセミナーの方にあります。

 

答練(答案練習会)は段階別に種類があって、 ホップ答練、ステップ答練、ジャンプ答練があります。
試験範囲を限定していて、受講生のレベルに合わせた答練です。

 

試験範囲は限定されていますが、問題の質はそこそこ良く、解説は丁寧に書かれています。

 

人気の授業は、竹下 貴浩講師、山本 浩司講師などの授業です。

 

竹下 貴浩講師

 

昭和の時代に司法書士試験合格まで5年かかっていた勉強を1年に縮めた元祖「司法書士試験合格指導」、といわれています。

 

昭和の頃というと、30年以上前なので、インターネットもなく、黒板をフルに使う授業でした。

 

今でも、それなりの司法書士試験の合格者を出す講座を担当し、看板講師として授業をしているあたりは、司法書士の講座で相性のいい方が多いから、ともいえます。

 

テンポある講義といわれて人気がありますが、人それぞれ違うので一度視聴してみるといいとおもいます。

 

私は、口のきき方などが肌に合わなかったので、講義は受けませんでしたが、書籍は参考書としてもわかり易かったです。

 

書籍に、「新版デュープロセス」シリーズ」、「新版直前チェック」シリーズ、「ブリッジ」シリーズなどがあります。

Wセミナーの司法書士講座の詳細はこちら

司法書士試験受験生&講師 ←いろんな勉強方法があって参考になる