現在は司法書士の講座はない大原

大原学園の司法書士試験の講座

かつては、大原にも司法書士の一貫した合格講座がありました。

 

ただ、司法書士無資格の講師(弁護士でもない講師)がいたりしました。

 

受講者数が少なく、教室が満員になっている、ということがありませんでした。

 

合格者が他の司法書士講座よりも圧倒的に少ないかったんです。

 

在籍していた人も、特待生という優遇されていた人がいました。

 

知識のインプット段階で最高8割引となる特待生として、割切って受講していました。

 

ただ、特待生で講座受講しても、その後の講義を聴いたり、回答できるレベルではなかったのかもしれません。

 

司法書士試験の資格としては、特に、記述は問題のレベルが低かったからです。

 

また、問題ミス・解答ミスが多く、受講生の方から教えられてもいました。

 

元々、大原は簿記や会計重視の予備校ですからね。

 

大原のテキストが訴えられた

 

大原の司法書士試験のテキストで、我妻栄(わがつま・さかえ)他著の通称「ダットサン民法」(『民法』全3巻のこと。

 

現在は勁草書房より出ています)が、司法書士講座のテキストに無断引用したとして、遺族が提訴されたことがあります。

 

新聞にまで掲載されてしまったのですが、この事件が結果的に、司法書士講座の終了になったのかは不明です。

 

今、司法書士試験の勉強をするための学校を探すなら、オススメの講座は→伊藤塾はインターネット受講

 

 


司法書士試験受験生&講師 ←いろんな勉強方法があって参考になる