司法書士試験の11科目別勉強方法

司法書士試験の11科目の内容

 

司法書士試験の科目別勉強方法

民法の特色はその量の膨大さです。さらに司法書士試験の民法の場合、他の科目と異なり学説や判例も比較的重要です。ただし、様々な学説や多くの判例に、大学で勉強するように精通する必要はありません。あくまで、基本書で紹介されているレベルのものをしっかりと学習して、結論を理解して押さえるだけです。ここでは、司法書士試験の民法の勉強をはじめたての方を中心に、民法の勉強方法を紹介します。民法の基本書選び基本書とい...

司法書士法はここ数年、1問出題されますよね。以前は年度によって、司法書士法は筆記試験では出題されない時期がありました。ただし、そういった年でも口述試験では問われていました。現在は、司法書士法も午後の部の試験に1問出題されることがすっかり定着していますよね。今後も継続して出題される可能性は十分に考えられるので学習の必要はあります。司法書士法の勉強方法は、司法書士法と規則を関連づけて勉強するのがポイン...

そもそも「供託」って聞いたことがないですよね。自分も含めてそうでしたが、「供託」ということがどういう意味なのか、をまずイメージすることから始めるのが供託法の勉強です。だいたいわかれば、後は手続きの流れを押さえるだけです。司法書士試験の供託法の勉強方法は、「供託」「還付」「取り戻し」など聞き慣れない言葉のイメージをつけることからはじまり、流れを把握するのがポイントです。供託法は、供託物の手続きの流れ...

まず自宅の登記事項証明書を取得してみる不動産登記法や商業登記法の勉強は、法律の素人には馴染みが薄く、民法のようにイメージが湧く科目ではありません。そこで勉強に入る前に法務局に実際に行ったり、インターネットで自宅や自分の会社の登記事項証明書を取得すると不動産登記法や商業登記法がぐんと身近なものになるはずです。不動産登記法の基本原理を押さえる不動産登記は、民法などの実体法を基にそこで生じた権利の変動を...

商業登記法は、数ある資格試験の中でも科目に組み込まれていることがほとんどないですよね。司法書士試験の商業登記法は、択一と書式が出題されますが、書式を中心に学習していくと効果的です。択一単独で学習する分野もありますが、会社法と登記が絡む分野では、実際の書式をイメージして関連して記憶すると一気に理解が進みます。ここでは、司法書士試験の商業登記法の勉強方法についての進め方について紹介します。商業登記法は...

dummy

裁判の流れを図式化して基本害に張りつける民事訴訟法関係は受験生にとっては負担の多い科目でしょう。これほどとつつきの悪い法律も珍しいかもしれません。しかし絶望することはありません。民事訴訟法は全体を大きくつかむと突然理解できるようになるものです。要は「誰が、誰に対し、どのようにして提起するのか、提起された訴訟について当事者はどんなことができるか、そして訴訟はどのようにして終了するか」ということを理解...

学説の対立に関しては基本的な部分だけを押さえる刑法は学説の対立の激しい法律です。それだけにそれに巻き込まれると、何が何だかさっぱりわからなくなってしまうものです。とくに総論は哲学書とさえ思われる部分があります。しかし司法書士試験の刑法は基礎的なところしか問われませんから、まずは「構成要件該当性とは何か」「違法性とは?」「責任とは?」といった大きなところをつかんでおくことです。その際、「なぜそのよう...